卒業式にブラックフォーマルウェアを着るときの基礎知識

卒業式にブラックフォーマルウェアを着るときの基礎知識

卒業式にブラックフォーマルウェアを着るときの基礎知識

 

卒業式は、「教育課程を全て修了したことを認定し、卒業証書を授与する式典」であるため、卒業式出席者の服装はフォーマルな装いが必要です

 

とくに卒業式の装いとして、ブラックフォーマルウェアを着用するという人は少なくありません。また、黒を中心とした黒っぽい色(紺色・グレー・黒白)を着る人が多いです。

 

しかしブラックフォーマルウェアは、「弔事に着る洋服で、卒業式に着るのはおかしいのではないか」や「ブラックフォーマルウェアには、セレモニー用とお葬式用があるのか」など疑問を持つ人は多いです。

 

そこで「ブラックフォーマルウェアとはどのような洋服を言うのか」、また「卒業式に着てもいい洋服か」を解説いたします。これを学び、オシャレなブラックフォーマルウェアを着て卒業式に臨んでください。

 

ブラックフォーマルウェアとは

一般的に、フォーマルウェアとは冠婚葬祭などの際に着る式服のことで、公的な場所で着用する衣服のことをいいます。

 

またその着る目的から、「ブラックフォーマルウェア」と「カラーフォーマルウェア」に分かれています。

 

ブラックフォーマルウェアは、おもに弔事(葬儀・告別式・通夜・四十九日・一周忌・三周忌までの法要や法事など)に着る洋服のことをいいます。

 

またカラーフォーマルウェアは、おもに慶事(結婚式・披露宴・結納式・祝賀会・記念式典・入学式・卒業式・パーティーなど)に着る洋服のことをいいます。

 

このように着用シーンが明確に分かれているフォーマルウェアですが、なぜ弔事に着るブラックフォーマルウェアを結婚式や卒業式などのセレモニーに着る人がいるのでしょうか。その人はマナーに反しているのでしょうか。

 

結論から言えば、マナーに反しているわけではありません。そしてその理由は、日本のフォーマルウェアの歴史にあります。

 

1960年代の初めころ、女性が「冠婚葬祭すべてに着られる服」として黒い服が礼服用としてつくられたそうです。

 

その後「一着の服で冠婚葬祭をカバーしたい」とのぞむお客さまのニーズに応える形で、ブラックフォーマルウェアが百貨店のコーナーに並び、需要が一気に高まりました。

 

このころは、カラーフォーマルウェアはまだつくられておらず、フォーマルコーナーでは黒の礼服を「シンプルに着てお葬式用」「アクセサリーをプラスして華やかにすれば結婚式用」と言う形でお客さまにアドバイスをしていました。

 

今でこそカラーフォーマル売り場(拡大されたのは1980年代初め)には、さまざまなデザインの洋服が並んでいます。ところが、日本の女性が百貨店でフォーマルウェアを求めるようになった歴史は浅く、結婚式や卒業式などのセレモニーにブラックフォーマルウェアを着る人がいても不思議ではありません。

 

たしかにその後一気に経済が加速して、現在では多様なニーズに応えられるフォーマルウェアが揃っています。それを考えると、結婚式や卒業式などのセレモニー「なぜブラックフォーマルウェアか」と思うかもしれません。

 

しかし、「黒」は他の色に染まることがないことから「誠実さ」「正式な」「まじめ」「高級」というイメージがあります。したがってその黒のイメージから、卒業式ではブラックフォーマルウェアを義務付けている学校もあるようです。間違った服装をしてしまわないように、あらかじめ確認するようにしましょう。

 

進化し続けるブラックフォーマルウェア

お葬式にブラックフォーマルウェアを着る人が増えれば、「女性を美しく見せる深く濃い黒色」を他人の黒色と比較したくなります。

 

ブラックフォーマル売り場が百貨店に出始めたころ、上流階級の女性から「他の人よりもっと黒い色のフォーマルウェアが着たい」「他の人よりもっと上質なフォーマルウェアが着たい」との要望が寄せられたそうです。

 

そしてそれに応えるブラックフォーマルウェアを作り続けて進化していったのが、現在のフォーマル専門のアパレルメーカーになります。

 

黒は染めるのが非常に難しく、ブラックフォーマルウェアを専門に作っているアパレルメーカーは、素材をより黒く見せるため「濃染加工」という特殊な技術を施し、染めの度合いをしらべ、色落ちを防ぐために「堅牢度試験(けんろうどしけん)」を行なっています。

 

また黒はアイロンの先がすこし当たっただけでも生地が光ったり、縫製のアラが目立ったりと上質なブラックフォーマルウェアを仕上げるのにとても神経を使います。

 

これから分かるように、フォーマル専門店には、そこでしかできない技術があります。このような工程を知れば、フォーマル専門アパレルのブラックフォーマルウェアが自信をもって着ることができるフォーマルウェアだということが分かります。

 

そのため、ブラックフォーマルを買うのであれば、フォーマル専門のものにすると良いです。

 

さらに最近は、ホテル葬・偲ぶ会・お別れの会とブラックフォーマルを着るシーンが多様化しています。そのため、一般のお葬式では着ることができないようなファッショナブルなブラックフォーマルウェアがフォーマル売り場に並んでいます。

 

そしてこのようなファッショナブルなフォーマルウェアは、オシャレに敏感な人の卒業式の洋服としても人気があります。

 

ただ、着る場所を選ぶため、間違えた装いをしないようにしましょう。

 

 

 

ここまでのことを踏まえた上で、ブラックフォーマルウェアは、「弔事に着る洋服で、卒業式に着るのはおかしいのではないか」と疑問を持つ人がいますが、安心して着ることができる洋服だと分かります。

 

ファッショナブルなブラックフォーマルウェアで、卒業式にぜひ臨んでください。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ