イベントとして定着する女子会の魅力とは

イベントとして定着する女子会の魅力とは

イベントとして定着する女子会の魅力とは

 

ここ数年「女子力」「○○女子」「女子会」など、年齢にかかわらず女性のことを「女子」とi言う呼び方が定着しています

 

そして女子という言葉は「女子マラソン」や「女子アナ」として使われるようになり、さらに2006年から2007年にかけては「女子力」、その後2009年から2010年は「女子会」というように、年代によって「女子」の使い方は変化をしています。

 

確かに大人の女性に「女子」という言葉を使うのは、「いい歳をした大人がいつまで女子でいるつもりだ」と違和感を持つ人もいます。

 

しかし不思議なもので、ひんぱんに使われるようになると「いくつになっても女性であることを楽しむ積極性」や「女性特有の魅力を高めていく前向きな姿勢」を指す言葉として「女子」が受け入れられています。

 

またランチをしようと店を検索すると、「女子会プラン」というプランが頻繁に目にとまるようになり、ホテルやレストランでも「女子会」をするお客さまを取り込む工夫をしています。

 

近年「女子会」は、着実にイベントとして定着する様子をみせています。したがってレストランやホテルの「女子会プラン」は幅広い年齢の女性にとても人気があります。

 

このように時代を反映する「女子会」ですが、そもそも女子会とはどういうものなのでしょうか。

 

 女子会の普及
女子会とは、主に女性だけで飲食店などで集会を開き、女性だけで話をする宴会のことをいいます。本音トークや秘密トークなど、男性がいると話しにくい話題でも、女性同士だと共感が得られたり、ストレスが発散できたりという理由で広まったようです。

 

男性の集まりでは飲み会というイメージが強いですが、女子会では食事やお茶、スイーツなど、お酒のない飲食も多いです。

 

さらに最近では、女子会を目的とした映画鑑賞や旅行など多岐にわたっています。またこういった動向に着目をして、女性限定プランを打ちだすホテルやレストランが増えています。

 

また、もともとの火付け役となったのは、「モンテローザ」が展開する居酒屋チェーン「笑笑(わらわら)」が打ちだした「わらわら女子会」という女性専用プランメニューだそうです。

 

そのモンテローザの成功を見て、飲食業各社が参入して次々と広まったとのことですが、テレビ番組や雑誌などのマスメディアで取り上げられるようになったのは2008年頃のようです。

 

このように急速に広がった「女子会」ですが、どこに魅力があるのでしょうか。

 

 女子会の魅力
女性だけで集まっておしゃべりに花を咲かせる「女子会」は、女性たちにとってなじみのあるリフレッシュ方法です。

 

たとえば、20代の女性の約9割は「何らかの女子会に参加している」というデーターがあるそうです。しかし年齢を重ねた女性であっても、仕事仲間や友達と食事をしながらおしゃべりをすることは、少なくありません。

 

ところでこの年齢を重ねた女性の集まりは、女子会とはいわないのでしょうか。

 

これは私個人の意見ですが、単なる仲間と食事をするために集まる行事を「女子会」と呼ぶのは、歳を重ねた女性にとって、「特別なイベント気分」が味わえて楽しいのではないかと思います。

 

さらに「いい歳をした女性のなにが女子会だ」と思う人を横目に、高級ホテルのレストランで楽しむ「女子会プラン」は、オシャレをして贅沢気分が味わえるのでそれだけで盛り上がります。

 

そのことを考えると、むしろ20代や30代の「女子」と呼ばれることに違和感を持つ世代よりも、もう少し年齢の高い女性の方が、ある意味楽しみながら受け入れることができるように思います。

 

オシャレをしてでかける機会が減った女性が、高級レストランの「女子会」にうきうきしてでかける様子は、どことなく微笑ましくて素敵です。

 

このように幅の広い年齢層に、それぞれの楽しみ方を提供してくれるのが「女子会」です。あなたもおしゃべりと美味しい食事でストレスを発散して、「女子会」を楽しんでみてはいかがでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ