イタリアンとフレンチの違い考慮して女子会のレストランを選ぶ

イタリアンとフレンチの違い考慮して女子会のレストランを選ぶ

イタリアンとフレンチの違い考慮して女子会のレストランを選ぶ

 

女子会でレストランを利用するとき、「イタリアンレストラン」にするか「フレンチレストラン」にするか迷うことがあると思います。ところで、このヨーロッパを代表する「イタリアン」と「フレンチ」のどこに違いがあるのでしょうか。

 

確かにイタリア料理とフランス料理と言うことは分かりますが、明確な違いが分かりません。そこで、女子会で選ぶときの目安になる「イタリアン・イタリア料理」と「フレンチ・フランス料理」の違いを解説いたします。

 

 イタリア料理
私たちがイメージするイタリア料理と言えば、オリーブオイルやトマトを使った料理です。しかしこれらはナポリなど「南イタリア」の特徴で、「北イタリア」では隣接するフランスやスイス同様バターや生クリームを利用した料理が多いです。

 

また、地中海に面する地域は魚介類を用いた料理も多く、地中海岸諸国以外のヨーロッパでは食べられることのほとんどない、タコやイカが食材として使用されています。

 

このようにイタリア料理は各地方によって、それぞれ特徴を持っていますが総体としては、素材を生かした素朴な料理が多い傾向にあります

 

しかしパスタは、イタリア各地で好まれてさまざまな形で料理されています。またトマトを使った料理も多いです。

 

イタリア料理の歴史は古く、古代ローマ帝国までさかのぼります。当時のローマ人は、食事にかける時間をとても大切にしていて、当時から1日3食の構成をとり、1食をコース料理にして2時間から3時間もかけて食事をする習慣があったそうです。

 

また1533年、フィレンツェの名門貴族であるメディチ家のカテリーナが、フランスのアンリ2世に嫁いでパリに移り住むときに、イタリア人のシェフを連れて渡ったのがきっかけで、フランスにイタリア料理が伝わったといわれています。

 

それがきっかけで、粗野だったフランスの宮廷料理やテーブルマナーが洗練されたそうです。ちなみにエピソードとしてフォークの4本の爪は、ナポリ国王国フェルディナンド4世が「宮廷でパスタが良くからんで食べやすいように爪の数を増やした」とあります。

 

 フランス料理
フランス料理は、16世紀にトスカーナ地方(イタリア共和国中部に位置する州)の料理の影響をうけ、フランス王国の宮廷料理として発達しました。

 

ソースの体型が高度に発達していることが特徴で、各国で外交儀礼時の正賓(せいひん)として採用されることが多いです。

 

しかし、中世時代にフランスで食べられていた料理は、食材を焼いて大皿に乗せ、手づかみで食事を行うという非常にシンプルなものだったそうです。

 

その後、粗野であったフランス料理にナイフとフォークで食事をするといった作法が持ち込まれるなど、大きな変革をもたらし、ブルボン王朝の最盛期に発達したとあります。

 

そして時代を経て、コースで時系列に食べる食事作法が確立され現代に至っています。またフランス料理の日本への輸入は、明治維新の際に行われたようで、日本国外の来賓への接待としてフランス料理が使用されるようになったのは、1873年からだと言われています。

 

現代の日本は、フランスで本格的なフレンチを学んだシェフたちによって、本物のフレンチ文化が定着しています。

 

さらに最近では「モダンフレンチ」と言って、「斬新な盛り付けとモダンな器。そして単純な調理法」などオシャレでスタイリッシュをコンセプトに営業している店があります。このようにフレンチレストランも、時代と共に変化をしています。

 

このように、イタリア料理とフランス料理はそれぞれ特徴があります。女子会でレストランを選ぶときは、それぞれの違いを考慮して、好みのレストランを選ぶときの目安にしてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ